Live

全国ホールツアータイトル&ロゴ発表!

5月からスタートし全国各地をまわる全国ホールツアータイトル&ロゴが発表となりました!

flumpool 9th tour「⌘⇧Z(Command Shift Z)」と名付けられ、メンバーからはこのツアータイトル、全国ツアーに関する第一弾コメントも届いております!

【メンバーコメント】
ツアータイトル「⌘⇧Z(Command Shift Z)」とは、

flumpool曲作りにおいて馴染みのある楽曲制作ソフト、その中で僕らがしばしば使用するショートカットキーの表記です。

(調べたところ正式な表記としては「shift + command + Z」であったりメーカーによってはキーの呼び名も違うなどの問題点もあったのですが、普段自分たちが使う呼称、メンバーの共通言語として、あえてこの表記にしています。)



⌘Zが「undo(元に戻す)」のショートカットであるのに対して、⌘⇧Zは「redo(再びする)」を意味します。

要は、進行中のプロジェクトにおいて、1つ戻るコマンド(⌘Z)と、戻った地点から再度進むコマンド(⌘⇧Z)ということになるのです。



デビューしてから10年の活動の上で度々⌘Z(1つ戻る)を選択してきたflumpool。



正直なところ、1つ戻るたびやはり分岐点めいたものを感じる事もあり、新しい選択肢が見え隠れするものですが、

それでも尚、それまでいた場所を再度見据えredoするという決断には「ただ進む」以上の“エネルギー”やら“光”といった類いの、なにか前向きなものが溢れていることは紛れも無い事実です。



今回ありがたい事に復帰後初の全国ホールツアーを開催できることになり、ツアータイトルを決めるにあたり、メンバー一同悩み抜いた結果、この一見無機質な記号のようなタイトルに今の想いを託す事になりました。



音楽という僕らの共通言語の中に、

秘めたる現在のflumpoolの熱量を、是非とも直接肌で感じてもらえれば幸いです。

ツアーでお待ちしております。

詳しくは、特設サイトをご確認ください!

Amuse Fes in MAKUHARI 2019に出演決定!

6月1日(土)千葉県・幕張メッセで開催される音楽フェス「Amuse Fes in MAKUHARI 2019」に、flumpoolの出演が決定いたしました!

<イベント概要>
[日程] 2019/06/01 (土)
[会場] 幕張メッセ国際展示場
[開場/開演] 11:00 / 13:00
[出演者] WEAVER、Skoop On Somebody Perfume、flumpool、FLOW、ポルノグラフィティ and more…(五十音順)
[券種/前売価格]
スタンディング(ブロック指定) / \9,720- (税込)
※お一人様4枚まで
※4歳以上要チケット(0~3歳未満の方はご入場いただけません)。
※営利目的の転売禁止 / 出演者変更による払い戻しは致しません。


さらに、山村隆太がAmuse Fes事前特番LINE LIVEに出演決定!
今年の“Amuse Fes”を盛り上げるための企画やコンセプトを決める討論会を実施します。

「22時まで生配信!~激論!ド~なる?!Amuse fes 2019」
[日程]3月4日21:00~
[配信URL]https://live.line.me/channels/3562542/upcoming/10756693
[出演者]ポルノグラフィティ 新藤晴一 / WEAVER 奥野翔太 / Skoop On Somebody TAKE / flumpool 山村隆太/ FLOW KEIGO(司会),TAKE


詳しくは、「Amuse Fes in MAKUHARI 2019」特設サイトをご確認ください。

全国ホールツアー開催決定!

9度目となる全国ホールツアーの開催が決定いたしました!

「flumpool 8th tour 2017」で中止を決断した4都市での公演を皮切りに、5月から全国を駆け巡ります!
高らかに再始動を宣言したflumpoolの2019年全国ホールツアーをお見逃しなく!

詳しくは、スペシャルサイトをご確認ください!

「flumpool FAN MEETING ~FM SAKAI 2019~」無事終了!

お越しいただきましてありがとうございました!

official fan club“INTERROBANG”会員限定Tourの開催が決定いたしました!

「flumpool FAN MEETING ~FM SAKAI 2019~」
山村隆太・阪井一生が中学生時代に自宅で制作していた幻のラジオ番組「FM SAKAI」再来なるか!?全国をまわる会員限定Tourの開催が決定!

皆様のご参加をお待ちしています!

詳しくは、official fan club“INTERROBANG”をご確認ください。

▲ TOPに戻る